2018/02/02 15:56

現代人の健康維持に、酵素ドリンクが大ブーム

ご家庭で手軽に作れるグリーンスムージーなど、果実の酵素ドリンクを作られている方も多いのではないでしょうか?しかし、「なんとなく、体によさそう」という酵素の本当の話を知らない方が多いのも実際のところ。

 

生きるために絶対になくてはならない酵素

戦後、欧米からもたらされた栄養学では、炭水化物、タンパク質、脂肪の三大栄養素が、ヒトが生きていく上で必要な栄養素としてもてはやされました。その後、炭水化物を摂っても、それだけではエネルギーとしてうまく代謝しないということで、ビタミン、ミネラルが加わって五大栄養素となりました。そしてさらに、体内では消化されないからと、それまで見過ごされてきた食物繊維が6番目に加わりました。

もちろんこれらの栄養素も大切です。しかし、ビタミンやミネラルよりも、私たちの生命を維持する上でもっと大切なものがあります。それが酵素です。

酵素と聞くと、ほとんど無条件に「消化酵素」と連想されると思います。が、しかし、酵素は食べたものを消化吸収するばかりでなく、息をしたり、筋肉を動かしたりと、一切の生命活動に関与しています。もし、酵素の働きがなければ、人間も動物も生きることはできません。いわば、生命活動の主役であり、源です。

 

ビタミンやミネラルそして酵素の共同作業

栄養サプリメントのムダな飲み方をしていませんか? 今、流行のビタミンやミネラルなどの栄養サプリメント。身体に良いということで飲んでる方は大勢いらっしゃることでしょう。しかし、ビタミンCやカルシウムなどの微量ミネラル、はたまた栄養ドリンクを飲んでいても、今ひとつ効き目が現れないという経験をお持ちの方もまた、多いのではないかと思います。いくらビタミンやミネラルを摂っても、酵素がなければ身体の中で十分に働けません。酵素あってのビタミン・ミネラルです。今やビタミン・ミネラルは、この酵素の働きを助けるという意味で「補酵素」と言われるようになっています。

 

熱によって変成する

材料がタンパク質ですから、酵素の特徴としてあげられるのが、熱に弱いということです。 卵を思い出してください。卵は、熱をかけていないときは白味の部分は透明でとろとろしていますが、熱をかけると白く固まります。同じように酵素も、加熱されると蛋白が変成して酵素でなくなってしまいます。一般に酵素が耐えられる温度は50度くらいから、せいぜいから70度くらいまでです。

つまり、加熱した食べ物に、酵素の働きはないということです。このため、普段の食生活において、加熱したものばかりたべず、酵素の入っている食品を摂るように心がけなければなりません。

 

発酵食品や生の食べ物(新鮮なもの)には酵素がある

酵素は何に含まれているかといと、新鮮な生の食べ物です。生の肉や魚、生野菜、果物には皆酵素が入っています。また、日本には多くの発酵食品があります。みそ、納豆、糠付けなどなど・・・。この発酵食品にも、酵素が豊富に含まれています。この生の食べ物や発酵食品に含まれている酵素のことを食物酵素といいます。

麹(こうじ)は酵素の宝庫

近年では、【飲む点滴】と言われるほど、その栄養価と効能が期待されている、いわゆる「甘酒」ですが…製造の過程でも加熱処理したものは残念ながら、酵素の働きは期待できません。よく、「温めてお召し上がりください。」と書かれているものは、殆どの場合加熱処理されている可能性が高いです。

私たちは様々な見地から、加熱処理せずに製造することに成功し、冷凍保存という形で酵素を生きたまま保存できることを知りました。製造の過程でも一切の加熱処理をしていません。さらには、米と米麴、もち米のみを発酵させて作っています。

一切の食品添加物も、砂糖も使用していませんが、甘くて美味しいものが出来上がりました。

目指したのは、「自然であること」・「なにも足さないこと」・「損なわないこと」・そして「低価格であること」です。

ABCA酵素「甘こうじ」は多くの方々の健康維持と、美容にお役に立てるはず。と信じています。